緩急を鑑みた投手の投球の動画

緩急を鑑みた投手の投球の動画

プロ野球が投げる選手の変化球に関する動画を見て、一流の選手は周囲から魔球と思える球を投げる事に驚きを感じました。全盛期の投手がスライダーという球種を投げる場面を見て、打者の手元で大きく横に曲がっていたので、一流の打者でも打つ事は難しいと思いました。
技巧派の投手は緩急と速球を上手に使用して投げて、相手に的を絞らせない配球で討ち取っている傾向です。80キロから90キロの遅いスピードの変化球を投げたら、私にとっては打てると思っていても、案外不規則な変化をする事によって打ちにくいボールである事を知りました。遅いスピードと速いスピードを繰り返す投球を行うことで、打者のタイミングを取りにくい状態になる事で、緩急を鑑みたピッチングは面白いと思います。